歯科治療の保証期間と品質

歯科治療の保証期間について

  • トップ

歯科治療の保証期間とは

歯科治療には自由診療と保険診療がありますが、自由診療については保証が行われるのが一般的です。インプラント手術など保険の適用外となる治療では高額な医療が必要となります。手術後に具合が悪くなった場合に患者が自ら治療費を負担することになると大変です。多くの歯科医院では保険が適用外となる治療について、施術後に一定の保証期間を定めています。インプラント手術の場合にはインプラント本体が5年から10年、被せ物が3年から10年の保証期間が存在します。実際の保証期間は各院によって違いがあるので、手術を行う場合には保証の期間についても十分に確認する必要があります。また保証自体を行っていない医院も存在するので注意が必要です。自由診療の再診の場合に医療費の保証を受けるためには、歯科医院の指示に従って治療を行うことと施術後も一定のメンテナンスを受けることが求められます。また交通事故や全身疾患など歯とは無関係な原因による不調の場合には保証の対象外となります。保証期間や再審時の負担額については各医院で違いが存在します。インプラントなどの高額な自由診療を受ける場合には、保証期間や再審の場合の負担額について各歯科医院を比較検討することが重要です。

↑PAGE TOP